【要注意】国産スロージューサー3種に共通する問題点とは

jyosei
【要注意】国産スロージューサー3種に共通する問題点とは

 

スロージューサー買うなら、国産がいい?

 

 

こんにちは。ヤスコです。

 

最近、スロージューサー購入の際、知人から相談を受けることが多いのですが、よくある相談内容でこんなものがあります。

 

「スロージューサーって、海外産の製品が多いけど、日本製の方がやはり安心なの?」

 

ざっくり言うとこんな相談です。

 

確かに、私の世代の知人は、家電製品といえば、ソニーやパナソニック….

といった大手メーカーのブランドの影響が強く、国産製品が売れなくなった今どきでもなんとなく贔屓にしている人が多いんです^^;

 

まあ、なんとなく気持ちは分かるのですが、ここでは、スロージューサーのマニアとして国産ブランドの良い点と問題点を正しく検証していきたいと思います!
 
 

国内メーカー産のスロージューサーブランド一覧

 

 

(1)パナソニック ビタミンサーバー
 
パナソニック

言わずと知れた、パナソニックブランドのジューサーです。

1万円代後半から購入できるショップもあります。

 
(2)シャープ ヘルシオ ジュースプレッソ
 
シャープ

こちらも有名ブランド。シャープ製のスロージューサー。

価格は1万円代前半からと、かなり安価。

コンパクトでシャープなデザインですね。

 

(3)SIROCA(シロカ) スロージューサー
 
シロカ

こちらは、当サイトでは初登場となりますが、シロカというメーカーのスロージューサーです。

コーヒーメーカーやオーブン、ホームベーカリー製品が比較的有名な新興メーカー。

価格は1万円代前半の製品が多く、かなりリーズナブル。

見た目的にも、ここのブランドの製品らしく、スタイリッシュでシンプルですねー。

 

 
 

国産のジューサーは安くてコンパクトな製品が多い!

 

ここで上げた3つのメーカーは、国産のスロージューサーのシェアをほぼ3分していると言ってもいいでしょう。
 
全てに共通する特徴としては、、、

低価格、コンパクト、スタイリッシュ なところでしょうか。
 
主に、以下のような方に好まれる傾向が強いようです。
 
・”生産国 日本”の表記に安心感を覚える(中国や韓国だと、イヤ!と思ってしまう)
 
未だになんとなく大手メーカーのブランド力に影響を受けている
 
・スロージューサーの購入が初めてで、いきなり高価な機種の購入は避けたいと思っている
 
・キッチンスペースがあまり広くなく、大きな機種を置きづらい
 
・見た目のおしゃれさを優先したい
 
 

国産ジューサーの問題点

 

しかしながら、国産のスロージューサーには1つ大きなツッコミどころがあります。
 
 
それは、、、
 
組み立てだけ日本でやって、部品(パーツ)は全部中国 or 韓国から調達している
 
ということです。
 
 
え、それって、結局海外産なんじゃ…と思えますが、組み立てを日本でやっていれば、国産ということになるわけですね^^;
 
特に、中国からパーツを仕入れている場合は、耐久性に劣るため、スロージューサーがすぐに破損するというのも当然の話です。
 
安心の国産を求めて購入したのに、すぐに壊れるんじゃ、目も当てられないですよね+_+
 
なんとも私たちの目線では分かりづらいかもしれませんが、これが事実です。
 
また、上記ブランドは安価な反面、耐久性やモーターのパワー、搾汁率が圧倒的に当サイトでの評価上位ブランドに劣ります。
 
結局、1年弱くらい使って、耐久性と性能に優れたメーカーのスロージューサーに買い換える方って、かなり最近多く見るんですよね。。。
 
 

【結論】スロージューサーは、性能と耐久性が良くてナンボです。

 

そもそも、スロージューサーが必要な理由って、”健康や美容に高い効果が望めるから”だと思うんですよ。
 
少なくとも私はそうでした。
 

ただ単に安くてスタイリッシュなものを買いたいだけなら、スロージューサーじゃなくても良いじゃん!と思ってしまうのです。

 
以上、参考になれば幸いです。
 
 

Leave a Comment