2017年に販売されているスロージューサーのスペックを比較。

jyosei
2017年に販売されているスロージューサーのスペックを比較。

違いが分かる!スロージューサーのスペック比較~2017年版~

2017年ブームとなっている商品の一つである、気軽に自宅でグリーンスムージーなどが作れるスロージューサーは、どのメーカーの商品でも同じということはなく、使い勝手やスペック、価格などに差があります。決して安く購入できる商品ばかりではないことから、比較検討を重ねて優れた一品を見極める力が求められます。
2017年の最新情報を基に、各社製品を比較してみますと、自分が欲しい商品のイメージが浮かびやすくなります。是非参考にしてみてはいかがでしょう。

ここをチェック!スロージューサーを選ぶ際のポイント

2017年、仕事や家事、子育てなどで忙しい方でも乱れた食生活に野菜や果物を加えられるスロージューサーは、家にあったらどんなに便利だろうと憧れの気持ちを持って購入を検討する方が多い商品です。
スーパーやコンビニなどで野菜ジュースやグリーンスムージーのパック商品が多数販売されているので、そちらを購入して毎日飲めば良いのでは?と家族に反対される事もあるかもしれませんが、できたてや搾りたての美味しさが味わえるスロージューサーは、健康志向の方やダイエット目的で所有したいと考えるケースが多くなっています。何より添加物や余分な糖類が加わっていない天然ドリンクは、健康維持や美容目的を持つ方にピッタリです。
2017年も様々な新商品が発売されますが、まずは各社の商品を詳しく調べて、購入前の参考にしてみて下さい。

  クビンス
JSG-721
ヒューロム
H-AA
パナソニック
MJ-L500
シャープ
EJ-GP1
回転数(/分) 約60回転 43~48回転 45回転 32回転
重量 6.4kg 4.8kg 4.0kg 4.7kg
サイズ 幅228×奥行208×高さ448 幅223×奥行180×高さ407 幅185×奥行176×高さ432 幅150×奥行177×高さ425
消費電力 240W 150W 150W 100W
搾汁率
モーターの安定性 ×
静音性
デザイン性
カラーの選択肢 レッド
ホワイト
シルバー
レッド
ホワイト
シルバー ホワイト
オレンジ
手入れ まあまあ楽 繊維が
詰まりやすい
まあまあ
洗いやすい
けっこう面倒
硬い材料 ×
柔らかい材料
人参の入れ方 丸ごと投入可 4~8つに
カット
かなり細かく
刻む
かなり細かく
刻む
気になる点 重量がある 準備が大変
耐久力が心配
堅い素材を
絞れない
搾汁率が悪い
修理保障 無償修理保証
10年
無償修理保証
5年
メーカー保証
1年
メーカー保証
1年

■クビンス JSG-721

1分間に60回転するクビンスのJSG-721は、重量が6.4kgと他社製品よりも重たいですが、それほど移動させる機会もないスロージューサーは、多少重量級があっても問題なく使用できます。
幅228㎜奥行208㎜高さ448㎜となっていますが、キッチンに設置しても邪魔になるようなことがない平均的なサイズです。
消費電力は240wと他社製品よりも大きいですが、その分力強い搾汁率やモーターの安定性が充実しているのが特徴です。スロージューサーのスペック比較を行う際に気になる騒音性ですが、大きな本体の割には静かな動きですので不快を感じずに使用可能です。
キッチンに出したままにすることでチェックポイントとなるデザイン性ですが、カラーの選択肢がレッドとホワイト、シルバーの三色から選べることで、好みやその他のキッチン家電との調和を考えた選択の幅が広げられます。

毎日のように使用する可能性が高いスロージューサーは、手入れのしやすさも気になるスペックですが、面倒な感じもなく使いこなせるはずです。
硬い素材や人参の丸ごと投入に対応していることから、用意に手間が掛からず毎日の使用が続けられます。もちろん柔らかい素材を入れることもできますので、その日の気分で様々なドリンクを作れます。
無償での修理保証が10年間あることから、万が一の場合にも直してまた使用できる安心感があります。本体の重さを気にする方もいますが、どっしりと構えた貫禄があるスロージューサーです。移動させるには重たい印象ですが、抜群の馬力と搾汁率で、何より硬い素材や人参の投入も可能な万能機能によって、いつでも美味しいフレッシュドリンクが自宅で作れます。

■ヒューロム H-AA

1分間の回転数が43回転から48回転となっているヒューロム製品は、重量が4.8kgと5kgに満たない重さで比較的軽量なタイプのスロージューサーです。
幅223㎜奥行180㎜高さ407㎜とキッチンにあっても圧迫感がなく、移動させて使用する際にも持ち運びしやすいでしょう。消費電力は150wで搾汁率は若干物足りなさを感じてしまうかもしれません。モーターの安定性もそれほど優れているということもないですが、静音性が維持されていますので不快な感覚がなく使用できます。
スタイリッシュなデザイン性は、キッチンにそのまま出して飾っておきたくなるお洒落な雰囲気で、レッドとホワイトの二色から選んで好みのカラーを選択可能です。繊維が詰まりやすく手入れが大変かもしれませんが、自分なりに工夫を重ねることで徐々に扱い方にも慣れてくるでしょう。
柔らかい素材には柔軟に対応できる製品ですが、硬い素材の使用には向いていない点があり、人参は小さめにカットして投入するようなので、事前の準備時間を設ける必要があります。毎日飲む方は、スロージューサー専用に人参を刻んで準備しておくなどしますと、飲みたい時にすぐ飲めるかもしれません。
馬力が抜群にあるわけではないので、耐久性が少し気になる所ですが、無償修理の保証は5年と長めの設定になっていますので安心です。2017年も引き続き健康や美容への関心が高い状態が続きますので、一家に一台あると便利なスロージューサーとして役立ちます。

■パナソニック MJ-L500

1分間の回転数が45回転となっていて、重量が4kgの軽量化に成功しているパナソニック製品です。他の商品に比べても小さめですので、狭いキッチンでも頻繁に使用したい方に便利なスペックとなっています。
幅185㎜奥行176㎜高さ432㎜と小型化されていて、他のキッチン家電と並べても邪魔にならずにキッチンに設置できる便利さが特徴です。
消費電力は150wとなっていて、搾汁率やモーターの安定性はまあまあで、静音性も他の商品と比較しますと若干耳障りな音が残る感覚かもしれません。カラーの選択はシルバーのみですが、デザイン性に優れたスロージューサーですので、しまい込まずにキッチンに飾っておいた方がお洒落な雰囲気を演出できます。
手入れの点でも抜群に洗いやすくい訳ではなく、慣れるまでに時間を要するかもしれませんので、洗い残しなどが無いように気を付けましょう。
硬い素材には対応していませんので、柔らかい素材に限定してスロージューサーを使用することが求められます。人参を投入する場合には、細かく刻んで使用しないとつぶつぶとした感覚が残ったのど越しの悪いドリンクが仕上がってしまいます。
メーカー保証が1年と短めですので、その後修理を依頼する場合には有料となりますので注意して使用しましょう。硬い素材の野菜や果物を使用できない点が気になりますが、キッチンに出したままでも見た目にも気にならないコンパクトなサイズの製品を探す方にはお勧めの一品です。

■シャープ EJ-GP1

1分間の回転数が32と他社に比べて少ないシャープ商品ですが、幅150㎜奥行177㎜高さ425㎜とコンパクトな外観が特徴的です。
重量も4.7kgと場所を移動させてスロージューサーを使用する際にも持ち運びしやすくなっています。
消費電力は100wで搾汁率は低めで、モーターの安定性には欠ける商品です。小さなボディですが静音性がそれほど保たれていないのが少し残念な点です。しかし見た目のデザイン性には優れていて、オーブンレンジのヘルシオを製造するシャープならではのスタイリッシュなスロージューサーです。カラー展開も二色用意されていますので、ホワイトとオレンジから好きな方を選択可能となります。
手入れにも慣れるまで時間が掛かりますが、比較的シンプルに設計されている製品だと思います。
硬い素材を入れることは可能で、人参を投入する場合は細かく刻んでしっかり搾汁されるように手を加える必要があります。メーカー保証は1年で少し心配になる印象ですが、搾汁率が悪い点を除きますとシンプルでコンパクトなスロージューサーが欲しい方にぴったりな商品です。
忙しい朝の時間を利用してスロージューサーを使用したい時にも手軽に用いることができる一台となります。

まとめ

各メーカーによってスペックの違いや大きさの違いがあることが良く分かりましたが、いかがだったでしょうか。
用途や目的がそれぞれ異なる状態で商品探しをする方が多いスロージューサーは、馬力が少なくても手軽に使用できるものが良いと考える方から、毎日家族で使用するので、しっかり作れるものが欲しいと思う方まで様々です。
価格にも違いがあり、ネット通販や家電量販店など購入先の選び方でも値段が異なります。

あらゆる面を考慮してスロージューサーのスペック比較を行いますと、2017年に発売される最新商品から少し年式の古い物まで、あらゆる選択肢から選べます。使用頻度にもよりますが、毎日のように頻繁に使用する方の場合、手入れがしやすく邪魔にならない商品を選んだ方が長く継続してスロージューサーを活用できるでしょう。
家族構成や目的に合わせた自分なりの選択がもとめられますので、是非楽しみながら商品探しを行ってみてはいかがでしょう。

これで完璧!2017年のスロージューサーのスペック比較

shutterstock_404545132

2017年も健康志向や美容への関心が高まる一年となり、便利で使いやすいキッチン家電は確実に重宝します。
便利で使いやすい印象に、いつか自分も欲しいなぁと何となく憧れている方も、この機会に真剣にメーカーごとのスペックの比較や価格の違いなどを調べてみますと、より手軽に健康生活が送れるようになります。
2017年に発売される商品などの動向も常にチェックしながら、自分が気に入った最高の一台を是非入手してみてはいかがでしょう。

Leave a Comment