スロージューサー選びはとても重要

jyosei
スロージューサー選びはとても重要

スロージューサー選びはとても重要

最近はスロージューサーが大変流行っています。
多くの有名メーカーから発売されているのですが、その中からいったいどれを選ぶべきなのか悩んでいる方は多いでしょう。
なるべく確実に自分の求める製品の選び方を知りたい方はたくさんいるはずです。
そのような方のためにスロージューサーの選び方をまとめました。
実際にスロージューサーを選ぶ際にチェックするべきポイントをまとめているため、これから買う際の参考にしてください。

シングルギアとツインギア

25f9036ed6d53cf134dada91cd409a76_s

スロージューサーには二種類ある
シングルギアとツインギアの違いを理解しておくことは大切です。
ギアというのは機械の中で野菜や果物をすりつぶすための部分のことです。
このギアの1つならばシングルギアであり、2つならばツインギアなのです。
基本的にスロージューサーはこの2つのどちらかを選ぶことになります。

ツインギアの方が優秀
基本的にはツインギアの方が機能としては優れています。
野菜や果物を圧搾する部分が多いため、より効率的に液体を絞り出すことができるのです。
ツインギアというのはギアとギアの間で野菜や果物を圧搾するという構造になっています。
これによって、野菜や果物からより多くのものを搾り出すことができるでしょう。
無駄なく豊富な栄養を取り出すことができるため、健康や美容に与える影響は大きいのです。
しっかりと搾り出す方が味も良くなりやすいです。
大きな野菜や果物を入れたとしてもすぐにジュースができあがります。

選ぶならツインギア!
ツインギアではなくシングルギアを選ぶメリットというのは特にありません。
人気の高いスロージューサーの多くはツインギアとなっていることが多いです。
特にこだわりがないならば、スロージューサーを選ぶ際にはツインギアのものを探すと良いでしょう。
いろいろなタイプのスロージューサーが出ているのですが、ギアの構造については大きく分けて2種類しかないのです。

投入口の大きさ

使い勝手のポイントは投入口
スロージューサーはできるだけ使い勝手の良いものを利用したいという方が多いでしょう。
そのような方は投入口の大きさに注目してみてください。
投入口の大きなものを買うという選び方の方が満足できる可能性は高くなるでしょう。
スロージューサーの使い方はとても簡単であり、投入口に野菜や果物を入れてあとはスイッチを入れるだけなのです。
そうすれば中でジュースが簡単にできあがります。
ギアによって果物や野菜は押しつぶされていき、それによって液体が搾り取られていくのです。
操作方法などはほとんど変わらないので、注目すべきポイントは操作手順よりも投入口のサイズです。

商品によって投入口の大きさが違う
投入口のサイズはそれぞれ異なっています。
投入口に入るような大きさの果物や野菜しか利用することができないため、投入口が小さいとわざわざ材料をカットしなければいけないのです。
これは手間がかかってしまいます。
もちろんその程度の手間がかかっても構わないという方がいるかもしれませんが、やはり投入口のサイズは大きい方が便利なのです。
これからスロージューサーを買おうと思っている方は、きちんと投入口のサイズを確認しておいてください。
ここが小さくなっているものは基本的に買わない方が良いでしょう。
そのようなものを利用していてもストレスが溜まってしまうだけなのです。
実際にお店まで行ってスロージューサーの投入口を確認してみることをおすすめします。あるいは投入口のサイズはきちんと数字でチェックしておくべきでしょう。

鮮度保存機能

新鮮なジュースが飲める
スロージューサーの選び方として鮮度保存機能に注目してみましょう。
スロージューサーで作ったジュースというのはすぐに鮮度が落ちてしまいやすいです。
市販されているジュースには保存料が入っているため長持ちするのですが、自宅でジュースを作る際にわざわざ保存料を加える方はいないでしょう。
新鮮な素材のみを使ってとてもヘルシーなジュースを作りたいという方は多いでしょうが、鮮度の問題には注意しておくべきなのです。

鮮度保存機能とは?
スロージューサーの中には鮮度保存機能のあるものがあります。
たとえば磁石やセラミックが内蔵されており、これによってジュース内の成分をイオン化することによって保存性を高めるというものです。
このような優れた機能のあるスロージューサーならば、一度ジュースを作ってからしばらくは美味しい状態を維持することができるでしょう。
冷蔵庫に入れておいてもある程度日持ちするようになるのです。

一人暮らしの方や大量に作りたい方におすすめ
もちろん、基本的にはスロージューサーで作ったジュースはその日のうちに飲んでしまう方が良いです。
しかし、一人暮らしの方や大量に作ってしまった方はすぐにすべてを飲み干すことができないケースもあるでしょう。
そういう場合には鮮度保存機能はとても役に立つのです。
鮮度が保存されるということは味がずっと落ちないだけではなくて栄養素もずっと維持されるのです。
そのためとても美味しいジュースをずっと飲み続けることができるのです。

お手入れのしやすさ

掃除がしやすいジューサーが便利
スロージューサーの選び方のポイントとして自動洗浄機能に注目してみましょう。
スロージューサーは常に衛生的な環境を保つことが大切です。
そうすることによって、常に健康的で美味しいジュースを飲むことができます。
スロージューサーを使ったあとに洗わないで放置したままにしておくと衛生的に非常に悪い状態となってしまうのです。
細菌が繁殖してしまう可能性があります。
色がついてしまうこともあるでしょう。
汚れがこびりついてしまい、それがなかなか落ちなくなってしまう可能性もあるのです。

自動洗浄機能つきなら洗う手間が省ける
スロージューサーは定期的に洗う必要があります。
しかしわざわざ何度も洗うのは手間がかかってしまうでしょう。
ジュースを作るたびに洗っていたのでは快適に利用することはできません。
そこで自動洗浄機能が役に立つのです。
これならば自動的に水が出て中を洗ってくれるのです。
連続使用をする際にも自動洗浄したあとに使うことによって、前のジュースが中に残っていることを防げます。
常に新鮮で美味しいジュースを飲めるようになるのです。
自動洗浄によって自分で洗う際の手間を省くことができます。
毎回自動洗浄で中を軽く洗うことができるため、自分で洗う際にはひどい汚れがついていることはなくなるのです。
スロージューサーの選び方として自動洗浄機能には注目してください。
最新のものであればたいていのものにはついているはずです。

デザイン性

キッチンの雰囲気に合うカラーを
スロージューサー選びではカラーに注目してみましょう。
いろいろな色が揃っているのです。キッチンの中にスロージューサーを置くことになるため、その場の雰囲気に合っているものを選ぶべきでしょう。
実際に置いてみたときにどのような雰囲気になるのかをイメージしてみることをおすすめします。

収納スペースも考慮
また、スロージューサーのサイズに注目してみることも大切です。
いろいろな大きさのものがあるからです。
キッチンが狭いか、物がたくさん置いてある場合には小さめのサイズのものを選ぶべきでしょう。
もちろん大きなものの方が使いやすいのですが、それを置くスペースがないならば意味がないのです。

持ち運びやすさも要確認
さらに重量にも注目してみてください。
家の中で持ち運びをすることがあるかもしれないからです。
そんなときに女性でも楽に持てるような重さの方が望ましいでしょう。
自分にとって使いやすい重さのものを選んでください。
これらの情報については商品のページをチェックすれば確認できます。
ホームページ上で詳しく公開されているはずです。
写真だけのイメージから判断するのではなくて、しっかりと数字をチェックしておきましょう。
自分にとって最適なものを選ぶことが大切です。

スロージューサーの選び方

shutterstock_404545132

ここまでスロージューサーの選び方についてまとめてきました。
まずはシングルギアかツインギアかに注目してください。
スロージューサーにはこの二つの構造があることを確認しておきましょう。
基本的にはツインギアのものを選んでおけば間違いはありません。
そうすれば効率よく果物や野菜をジューサーにかけられるようになります。

投入口の大きさにも注意しておきましょう。
実際に野菜や果物を入れる際には投入口が広くなっているものの方が楽なのです。
わざわざ投入口の大きさに合わせて材料を切らなければいけないのはとても面倒であり、そのようなものを選ばないようにしましょう。

他には、鮮度保存機能について確認しておいてください。
鮮度を保つための機能が備わっているものがあるのです。
それを利用することによって長持ちさせることができます。
自動洗浄機能がついているものはお手入れのしやすさに影響するでしょう。
カラーやサイズ、重量などについても確認しておいてください。
これらの情報をチェックしておけば、あなたに最適なスロージューサーを見つけることができるでしょう。
口コミの評価が高かったり、世間で評判になっていたりというのももちろん大切なのですが、自分の目的に合っているかどうかも確認しておきましょう。

Leave a Comment