手入れの方法によってスロージューサーはキレイになる。

jyosei
手入れの方法によってスロージューサーはキレイになる。

お手入れが大事なスロージューサー

スロージューサーはとても便利なものです。
普通のジューサーとは異なるメリットがいくつもあるため重宝している方は多いのではないでしょうか。
メディアでも取り上げられることが増えており、多くの家庭で普通に使われるようになっています。

そんなスロージューサーなのですがきちんとお手入れをすることは大切です。
実際に口にするものを扱う調理器具のため、衛生的な環境がしっかりと整っていることは重要でしょう。
ちゃんと掃除をしておかないと安心して使うことができなくなってしまうのです。
しかし、スロージューサーをどのようにお手入れするべきなのか分からないという方がいるかもしれません。
そこで当サイトではスロージューサーを実際にお手入れする方法について詳しく解説しています。
どうぞ参考にしてください。

お手入れ方法について

fa9de76605d20d3e8ebb2e0c2d14111e_s

スロージューサーの掃除方法
さまざまなメーカーからジューサーが販売されていますが、なかでもクビンスホールスロージューサーはスロージューサーの大手会社が提供しているモデルであり、掃除が簡単なことで人気のモデルです。まずは本体をドラム蓋から外してしまいましょう。
その次のドラムセットを取り外してください。さらにスクリューやストレーナー、回転ワイパーなどを取り外します。
そして洗浄用ブラシを使って中を洗いましょう。
ドラムセットについては水をかけ流しながら洗うと良いでしょう。
きちんとキャップを開けておいてください。
野菜や果物に含まれている繊維質が挟まっていることがあるため気をつけましょう。
スクリューも水をかけ流しながら洗うと良いでしょう。
こちらはブラシとスポンジを使いましょう。最終的にすべて洗い終えたならば、本体をしっかりと拭き取って水気をとりましょう。
回転ワイパーについてはシリコンブラシやシリコンリング、シリコンキャップ、スマートキャップなどをしっかりと取り外してから洗ってください。
このように簡単な方法でスロージューサーのお手入れがしっかりとやれるのです。

色をキレイにするためには
スロージューサーというのはきちんとお手入れをしていればいつまでもキレイな状態のままで使うことができます。
簡単な方法でお手入れができるため、多くの方が実際に掃除を定期的に行っているでしょう。
ただし、お手入れをしていたとしてもどうしても色がついてしまうことがあります。
野菜や果物には色素がたくさん含まれており、これらがどうしてもスロージューサーの本体にこびりついてしまうことがあるのです。
そのまま放っておいても使う際に支障はないのですが、やはり気になる方は多いでしょう。
食欲もわきにくくなってしまうため、しっかりと色を落としてキレイな状態にしておいてください。

色を落としたいならば、基本的には濃いキッチン漂白剤に浸けておくことによってキレイにできます。
しかし、これでもキレイにならなかったという方がいるかもしれません。その場合はスポンジを用いてしっかりと洗いましょう。
丁寧にスポンジで洗うことによって、色をキレイに落とすことは可能なのです。再び新品同様の状態に戻すことができるようになります。

付属しているブラシを利用する
スロージューサーを洗う際にはブラシを用いて丁寧に掃除をしていくことをおすすめします。
ブラシは普通どのような商品にも付属しています。付属しているブラシは、そのスロージューサーを掃除するために適したものが用意されています。
基本的にはそれを使っていれば問題ありません。しかし、付属しているブラシでもキレイにできないケースがあるかもしれません。
その場合は市販されているブラシを利用してみると良いでしょう。
それによって、かなりスロージューサーをキレイにできるかもしれないのです。
どうしても指定された方法ではスロージューサーがキレイにならないという場合には、市販されているグッズを活用してみると良いでしょう。
市販のグッズの方がキレイにしやすいというケースもあります。

お手入れをする理由
そもそもどうしてスロージューサーのお手入れをしなければいけないのか疑問に思っている人がいるかもしれません。
それほど複雑な方法ではないのですが、きちんと掃除をしようと思うと時間がかかります。
そのため面倒だからお手入れをしないという方もいるのです。
しかし、そのようなことをしてしまうとさまざまな不利益があります。
まず掃除をしないとかなり不衛生な環境となってしまうでしょう。
毎日使っている食器を洗っている理由というのは、汚れを放置してしまうと細菌が繁殖してしまうからです。
空気中にはさまざまな菌が浮遊しており、食器の汚れや食べかすのようなものはエサとなってしまうのです。
そのためすぐに大繁殖してしまうでしょう。
そのような汚い食器を使って食事をしてしまうと病気になってしまうかもしれません。
これはスロージューサーの場合でも同じことなのです。
そのため、きちんとスロージューサーを洗うことは大切です。

また、スロージューサーの機能を維持するためにもお手入れをすることは大切です。
たとえばカスがこびりついた状態になっていると搾取率が落ちてしまいます。
ジューサーの機能をきちんと果たさなくなるのです。
ジュースができるまでに時間がかかってしまいストレスが溜まってしまうでしょう。
ストレスなく利用するためにもお手入れは大切です。

自動洗浄を活用する
大抵のスロージューサーには自動洗浄という機能が用意されています。
これを利用することによって、自動的に機械が内部を掃除してくれるのです。
これはとても便利であり、ジュースを作るたびに洗うことになるのはとても面倒でしょう。
余計な手間を省いてくれるのです。
ただし自動洗浄だけできちんと掃除できるわけではありません。
これはあくまでも簡易的な機能となっています。
たとえば一度野菜や果物をジューサーにかけて、中身を出したあとにまた別の食材を入れてジューサーしたい場合には、自動洗浄をすることによって中の液体を簡単に洗い流すことができるのです。
そのため自動洗浄があるからといってお手入れをしなくても良いというわけではありません。
この点については理解しておきましょう。

クビンスホールスロージューサーは安全
普通のジューサーには内部にブレードがあります。これは刃のことであり、これを回転させることによって中に入れた食材をどんどん細かくしていくのです。
そうして最終的には液体の状態にしてジュースとして飲めるようになります。
このような機能を果たすブレードは確かに便利なものなのですが、お手入れの際には刃によって怪我をしてしまうかもしれません。この点について不安に思っている人がいるかもしれません。

その点、クビンスホールスロージューサーの場合は怪我の心配をする必要はありません。
クビンスホールスロージューサーには刃がないため安全に洗うことができます。
スロージューサーの場合には中のブレードがゆっくりと回転していきます。
これによってどんどん食材をすりつぶしていくため普通のジューサーとはシステムが異なっています。スロージューサーの方がより細かくすることができて、他にもいろいろなメリットがあるためおすすめされているのです。

お手入れによって長持ちする
スロージューサーはある程度お金のかかるものです。せっかく買ったならば長期間ずっと使い続けたいものですよね。
そのためにはお手入れをすることが大切です。
しっかりとお手入れされたものとそうでないものと比較すると前者の方が寿命がかなり長くなるのです。
お手入れしないということは汚れがそのままこびりついてしまいます。そこにカビが生えてしまうかもしれません。
金属が錆びついてしまう原因にもなります。
金属以外の部品もどんどん劣化していってしまうでしょう。
このようにさまざまな問題が生じてしまうため、基本的にスロージューサーのお手入れをしないという選択はありえないのです。
せっかく買ったものならばきちんとお手入れをしながら使いましょう。

通販サイトでお手入れのグッズを購入する
これからクビンスホールスロージューサーのお手入れするのであれば、専用の掃除道具を用意することをおすすめいたします。
その際には通販サイトの利用が便利・手軽で良いでしょう。
扱っているかわからない家電製品店を探し回るより、簡単に見つかりますし、すぐに注文できて数日で受け取ることができます。
メーカーのサイトで公式掃除グッズが出ていることもありますので、そちらも確認しておきましょう。

お手入れ方法を実践しよう

shutterstock_404545132

スロージューサーは日ごろのお手入れが重要です。
長く清潔にスロージューサーを使い続けるためにも、正しいお手入れ方法を把握しておいてください。
手順の通りに行えばきっとあなたの持っているスロージューサーはキレイな状態となるでしょう。
そうなればとても衛生的な状態となり、安心して利用できるようになります。

生活の中にスロージューサーがあればかなり便利です。
野菜や果物をどんどん入れてジューサーにかけることによって、とてもヘルシーで美味しい飲み物が完成するでしょう。
いろいろなレシピを工夫することができるのです。
ぜひとも自分なりのオリジナルのレシピを考えてみてください。
もちろんお手入れも忘れないで下さい。

Leave a Comment