スロージューサーはBPAフリー・TRITAN採用のものがおすすめ!

スロージューサーはBPAフリー・TRITAN採用のものがおすすめ!

こんにちはー、やすこです
 

 
スロージューサーの購入を検討している方の多くが、健康や美容にこだわっている方ではないでしょうか。そういった方にぜひとも理解しておいて欲しい「BPA」についてご紹介します。BPAの心配がないBPAフリーや、注目したい新素材であるTRITAN採用のスロージューサーについてもご紹介するので参考にしてみてください。

 

BPAフリーとは?プラスチック容器の有害性や健康問題について

 
「BPA」とはbisphenol A(ビスフェノールA)という化学物質の略称であり、BPAを含まないのがBPAフリーです。BPAはポリカーボネートと呼ばれるプラスチックの一種や、エポキシ樹脂の原料として使用されており、私達の身近なところだとプラスチックで作られたものや缶詰などにも含まれています。
食品用の容器の中にもBPAが含まれているものが多いのですが、食品容器に含まれているBPAが食品に移行してしまうことがあるのです。食品を通して体内にBPAを取り込んでしまった場合の悪影響が心配されています。

 

注意すべき有害性

 
BPAを取り入れることにより、内分泌系への有害性が懸念されると報告されています。内分泌系とは、視床下部、下垂体、甲状腺などのことであり、体内で各部位が活動するために必要になる信号を伝達するホルモンを作ったり、分泌したりする働きを持つものです。

 

健康とも深く関わっており、近年の研究では妊娠している動物に対してBPAを経口摂取させたところ、胎児に性周期異常などの影響が見られたと報告されています。更には神経や行動、乳腺、前立腺などへの影響、思春期早発などが認められた報告もあるため、健康のためにもできる限りBPA摂取を減らすよう注意しなければなりません。

参考:厚生労働省:ビスフェノールAについてのQ&A

 

BPAフリーなら安全?BPAを回避するポイントも解説

 
BPAの摂取量を減らすのに効果的と考えられているのが、BPAフリーのプラスチックを選択するということです。日本だけでなく海外でもBPAフリーに注目する国が増えています。しかし、BPAフリーだからといって無条件で安全性が高いとはいえません。なぜなら、BPAフリー製品の中にはBPAが含まれる物よりも多くホルモンに作用してしまうものもあるからです。

 

BPAフリーの製品を選択するのも良いのですが、他にも様々なBPA摂取量を減らせる方法があるのでご紹介しましょう。

 

まず、プラスチックの中にはBPAが含まれているものがあるため、プラスチック容器をなるべく避けるのが効果的です。例えば、スーパーやコンビニなどで購入できる食材の中にはプラスチックで包装されている食品がありますが、こういったものを減らし、バラ売りのものや計り売りのものを選択してみてはいかがでしょうか。
食品を保管する容器としてプラスチック製の容器を使っている方は、ステンレスやガラス容器に変更してみるのも効果的です。

 

また、プラスチック容器を加熱すると中の食品に化学物質が移りやすくなるため、食品をプラスチック容器に入れたまま電子レンジで加熱しないようにしましょう。

 

それから、外食すると料理に使われている食材がどのように保管、調理されていたのかがわからず、自分でも気づかないうちにBPAがたくさん移行している食材を口にしてしまう可能性があります。自分で食材管理ができる自炊にも力を入れましょう。

 

新素材TRITANとは?特徴やメリットを解説

 
イーストマン・ケミカル社が開発したBPAフリーの合成樹脂として「TRITAN」という新素材があります。TRITANは高い強度を誇る素材であり、TRITAN採用のグラスは落としても割れないだけでなく、車で轢いても割れないほどの柔軟性を持つのが特徴です。
ガラスのような光沢感がありながら重さはガラスの半分で、一般的なプラスチックとは異なり環境ホルモンを含む化学物質が使われていないため、安心して使用できます。

 

BPAを含むプラスチックの代わりになる安全性の高い素材だと言えるでしょう。
スロージューサーの中にも一般的なプラスチックを使っているものがあるため、BPAが気になる方はTRITAN採用のものを選択してみてはいかがでしょうか。

 

BPAフリー!TRITANを採用したスロージューサー

 
BPAフリーのTRITAN採用のスロージューサーとして、特におすすめしたいのが「Dr.酵素J」です。
食材をまるごと投入できる低温圧搾方式のジューサーで、強度に優れているTRITAN採用なので壊れにくく、安心して使用することができます。TRITAN採用によって耐熱温度は100℃~-15℃となっているため、食器洗浄機にも対応できるのが魅力です。
また、漂白剤での洗浄もできるので、衛生的に使えるスロージューサーを購入したいと考えている方もチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

先述したようにTRITANは透明性の高い素材であるため、一般的なプラスチックやガラスと同じような見た目でジューサーとしての違和感もありません。
Dr.酵素Jは、BPAフリー・TRITAN採用である以外にも低速回転でジュースの中に酸素が混入しづらいのが魅力です。これにより、できあがったジュースの酸化を抑えることができます。酸化した食材を口にすることは健康と美容において良くないと言われているので、ジューサーを選択する際にはDr.酵素Jのようなスロージューサーを選ぶのがおすすめです。

 

使い方も簡単で、簡単に水洗いできるため使ったあとのお手入れも簡単です。音も静かなので、朝早く、または夜遅い時間帯に使いたい方にもぴったりではないでしょうか。

 

BPAフリーのTRITAN採用ジューサーに注目

 
せっかく健康のためにジューサーで野菜・果物を取り入れていたとしても、使っているスロージューサーに使われているプラスチックの中にBPAが含まれていると不安になってしまいます。
ご紹介したようにBPAが体に与える悪影響が心配されているので、これからスロージューサーを購入しようと考えているのなら、BPAフリーのTRITAN採用ジューサーを選んでみてはいかがでしょうか。安心して毎日おいしい生搾りジュースを楽しめます。