健康に効果的なゲルソンジュースとは?特徴や作り方を紹介

健康に効果的なゲルソンジュースとは?特徴や作り方を紹介

どうも、やすこです
 

 
健康な体作りに注目している方にぜひ試して欲しいのが、ドイツの医学博士によって考案された「ゲルソンジュース」です。どのようなジュースで、どういった効果が期待できるのか、作り方や飲み方などについてご紹介します。
ゲルソンジュースを作るのにおすすめのスロージューサーもご紹介するので、参考にしてみてください。
 

ゲルソンジュースとは?特徴や期待できる効果を解説

 
ゲルソンジュースとは、ドイツの医学博士であるマックス・ゲルソン医師によって考案されたジュースです。野菜や果物で作ったジュースで自己免疫力を高めることができ、病を治す効果があるとされています。
ゲルソン療法と呼ばれる治療の中で利用されています。病気を治すため、ゲルソン医師が注目したのがミネラルバランスです。ゲルソン医師は、健康な体を作るためには高カリウム・低ナトリウムの食事を摂ることが重要だと考えました。

 

ゲルソン療法の基本は食事法です。体内の過剰な塩分をカリウムに置き換えることにより自然治癒力を高め、病気の治癒を目指します。
ほとんど臨床研究は発表されていませんが、心臓病や腎臓病、癌に効果的とされており、実際に多くの重篤患者が自然治癒したことで世界中にゲルソン療法が知られることになったのです。

 

病気やアレルギー、美容を生活習慣で改善することを目指している「HIRYU」では、HIRYU式のゲルソンジュースについて紹介しています。正式なゲルソン療法はなかなか実践しづらいポイントが多いのですが、手軽に始められるのがHIRYU式ゲルソンジュースの特徴です。これからゲルソンジュースを始めてみたいと考えている方は、HIRYU式ゲルソンジュースから試してみてはいかがでしょうか。
 

ゲルソンジュースの作り方と飲み方

 
HIRYU式ゲルソンジュースは自分で作ることが可能です。基本的な作り方は季節の新鮮な野菜、果物をミキサーにかけて作ったジュースを260ml、朝食・昼食・間食・夕食の食前に飲みましょう。使う野菜や果物は無農薬・無肥料(無化学肥料)で作られたものを選択します。

 

選択する野菜の中でも代表的なのが人参です。人参には非常にたくさんのカリウムが含まれているだけでなく、抗がん作用のある成分も含まれていることから必ず入れるようにしましょう。他にはリンゴや、カリウムが豊富である小松菜・ほうれん草などの青菜もおすすめです。トマトやレモンをブレンドすることによりビタミンCが加わり、更に抗がん作用が高まるので、ぜひ入れてみてください。

 

寒い時期は生姜とあわせてホットで飲むと身体も温まります。
 

ゲルソンジュースにおすすめのスロージューサー

 
できる限り栄養素を壊すことなくゲルソンジュースを作りたいと考えている方におすすめのスロージューサーが、「Dr.酵素J」です。ゲルソンジュースを作るのに最適な低温圧搾方式となっています。
使ったあとは洗浄しやすいつくりとなっているので、毎日使いやすいスロージューサーを探している方にもぴったりです。また、マシンには健康に悪影響を与えるとされている化学物質BPAが含まれていない新素材の「TRITAN」を採用しているため、BPAの健康被害を心配している方も試してみてはいかがでしょうか。

 

Dr.酵素Jは、食材の投入口が非常に広く、野菜を切ったりすることなくそのまま使えるのが最大の魅力です。食材をカットする作業を手間に感じている方も使いやすいでしょう。
 

ゲルソンジュースを始めてみよう

 
健康のために何か実践したいと考えているけれど、何から始めれば良いのかわからず悩んでいるのなら、スロージューサーを購入し、ゲルソンジュースを飲むことから始めてみてはいかがでしょうか。
ただし、1回飲んだだけで効果を実感できるわけではありません。重要なのは継続することです。そのためにはお手入れが簡単で続けやすいスロージューサーを選択してみてください。