ゲルソン療法には食べても良い食材と駄目な食材がある

jyosei
ゲルソン療法には食べても良い食材と駄目な食材がある

ゲルソン療法の食材についてまとめました

今とても流行っていて注目されている食事療法がゲルソン療法です。
こちらの方法が気になっているという方は多いのではないでしょうか。
こちらの食事療法を実践する際には食べても良い食材と食べてはいけないNG食材について理解することが大切です。
そうすることによって、正しいゲルソン療法を実践することができるのです。
当サイトではこちらの食事療法ではそれぞれの食材についてどのような取り扱いをしているのか解説しています。
ぜひとも参考にしてください。

ゲルソン療法で食べるべき食材とは

878d739bb61027a483c8f24059a3919a_s

カリウムが豊富な野菜と果物を摂りましょう
ゲルソン療法で特に推奨されている食べものは果物と野菜です。
どうして野菜や果物が良いかというと、これらにはカリウムが多量に含まれているからです。
これを摂取することによって、体内の細胞のバランスを取ることができるでしょう。
人間の体の細胞はナトリウムとカリウムが重要な役割を果たしています。
基本的に細胞内液にはカリウムが豊富に含まれており、細胞外液にはナトリウムが多く含まれているのです。
細胞膜によって内外におけるカリウムとナトリウムのバランスは保たれています。しかし、不健康な方はナトリウムが体の組織にたくさん入り込んでいます。
これを追い出すためにはカリウムが必要となります。
このような原理のため野菜や果物が推奨されているのです。
ゲルソン療法では野菜や果物をたくさん使ってジュースをつくりそれを飲むことが推奨されています。
それもかなりの量を飲むことを勧めており、そうすることによって健康上の大きな効果を期待できるとしているのです。

自然農法のじゃがいもがおすすめ
特に推奨されているのは自然農法によってつくられた野菜です。
つまり無農薬や有機栽培によって得られた食材を利用することが大切だとされています。
それを新鮮な状態のまま、あるいはジュースにしてすぐに飲むことが大事なのです。
あるいは野菜の本来持っている水分のみを用いてスープにしたものも良いとされています。サラダにしても大丈夫です。
このような調理方法が推奨されているのは、野菜が本来持っている栄養素を少しも失わせないためなのです。
栄養素というのはとてももろい分子によって構成されています。
そのためちょっとした調理によってすぐに破壊されてしまいます。
栄養素が破壊されたものをいくら飲食したとしても、それによる健康上の効果は期待できないでしょう。
ゲルソン療法ではじゃがいもを食べるのが良いとされています。
じゃがいもは、人間にとっては重要な栄養素を多く含んでいます。
また、じゃがいもによって空腹を満たしやすくなるためゲルソン療法ではとても重宝する食材となっているのです。
食べ方としてはそのままつぶしてスープにしたり、無脂肪ヨーグルトに混ぜて食べたりすると良いとされています。
フライにするのは厳禁です。
それは栄養素を失わせてしまうだけではなくて、油を摂取することにもなるため体にとても悪いのです。

ほかにもある食べてもよい食材
これら以外に食べても良いとされている食材には、玄米や胚芽米、全粒粉、オートミール、イモ類、豆類などがあります。野菜や果物については基本的に国産のものだけを食べるようにしましょう。
また、乾燥プルーンも良いとされています。
これらの食材は体に与える負担が比較的小さいことが認められているのです。
そのためたとえたくさん食べたとしてもあまり身体に影響は生じないでしょう。
安心してどんどん食べることができるのです。
これまでの食生活を改めるのは大変かもしれません。
しかし、工夫次第では上記の食材だけを用いたとしても十分満足することが可能なのです。
また、食事というのは同じものを食べていればしだいに慣れていくものです。
そのため最初はゲルソン療法による食事に戸惑いを感じたとしても、徐々にそれが普通になっていくでしょう。
健康に良い食事をすることが当たり前だと感じられるようになれば、ゲルソン療法はかなり成功したといえます。
もう以前のような食生活を送ることが逆に怖くなってしまうでしょう。
それぐらい現代人の食生活というのは体に負担をかけているものであり、それによって病気になってしまう可能性も高くなるのです。
ゲルソン療法をこれから実践したい方は、どのような食材を食べても良いのかしっかりと理解しておきましょう。
上記で説明したものがすべての基本なのです。

ゲルソン療法で食べてはいけない食材

塩の摂取はNG
ゲルソン療法では塩を厳禁しています。
その理由は塩に含まれているナトリウムにあるのです。
体内の組織においてナトリウムとカリウムはとても重要なものとなっています。
細胞の内外にこの二つの物質が存在しており、通常はそのバランスがきちんと取れているのです。
しかし、健康に悪い食生活ばかりを繰り返していると体内のイオンバランスが崩れてしまいます。
その結果、ナトリウムが過剰に存在するようになり、それが体を不調にしたり、病気にさせてしまったりする原因となります。このような事態を避けるためには普段の食事の中で摂取するナトリウムの量を減らすことが大切だとゲルソン療法では考えられているのです。
そこでまずは塩を摂取することをやめるべきなのです。

基本的にゲルソン療法では無塩食をすることを推奨されています。
それは単に塩を食べないというだけではありません。
塩分が含まれているものは他にもたくさんあるからです。
たとえば醤油やソース、味噌といった調味料の中にも塩分が含有しています。
これらも極力普段の食事の中から省くことを求められるのです。かなり意識的にやらないとこれを実践することは難しくなるでしょう。
たとえば料理の味付けの際には無塩醤油を用い、ほかにはにんにくやレモン、ハーブ、酢といった調味料を利用すれば良いのです。
これらの効果によって簡単に味付けできるようになります。

動物性たんぱく質・油脂
また、ゲルソン療法では動物性蛋白質と油脂類も制限しなければいけません。
特に初期には肉類や魚介類、卵、乳製品などを抜いた食事を徹底することが求められます。
これらを利用しないでも植物性のタンパク質を摂取できていれば必要な栄養をきちんと確保することができるのです。
食事制限をはじめてから数ヶ月経過したならば、白身の魚やかつおぶしなどは食べても良くなります。

ではどうして動物性蛋白質を食べてはいけないのでしょうか。
ゲルソン療法においては動物性蛋白質ががんの増殖を促す可能性があると説明しています。
基本的にゲルソン療法というのは海外ではがんを克服するために好まれている方法となっています。
そのため動物性蛋白質によってがん細胞が増殖してしまう可能性があるならば、それを食事から抜くことは当然のことなのです。
同様の理由で油脂類もできるだけ食事の中に含めないようにすることが求められます。

その他のNG食材
また、アルコールやカフェイン、さらにはたばこについては禁止されています。
これらは説明されなくても健康に悪い影響を与えることは多くの方が理解しているでしょう。
特にたばこはさまざまな病気の発症に大きく関わっていることは数々の研究によって実証されています。
アルコールやカフェインについても身体にかなりの刺激を与えるものであり、ゲルソン療法においては食べてはいけないものに指定されているのです。
また、精製された砂糖も摂取してはいけないとされています。さらには人工的食品添加物もNGとなっています。
着色されたものや保存剤などは禁止されているのです。
市販されているものの多くにはこれらが大量に含まれています。
これらの健康への悪影響についてはいくつもの報告があるため、健康的な暮らしを実現させたいならば普段の食事にできるだけ含めないようにするべきでしょう。

上記のようにゲルソン療法においては食べてはいけない食材が細かく規定されています。
それらの多くは現代人が好んでいるものばかりであり、毎日大量に摂取しているものばかりでしょう。
現代人の中にさまざまな不健康を訴える人がいるのは、食べてはいけないものを大量に食べてしまっているからなのです。
これからゲルソン療法を実践したいと思っている方は、上記で説明してきた食材については普段の食事の中から完全になくすべきでしょう。
これを実行できないとゲルソン療法を成立させることが不可能になってしまうのです。
NGとされている食材は確認しておきましょう。

ゲルソン療法は食材についての制限が厳しい

shutterstock_404545132

塩の摂取はNG
ゲルソン療法では塩を厳禁しています。その理由は塩に含まれているナトリウムにあるのです。
体内の組織においてナトリウムとカリウムはとても重要なものとなっています。
細胞の内外にこの二つの物質が存在しており、通常はそのバランスがきちんと取れているのです。
しかし、健康に悪い食生活ばかりを繰り返していると体内のイオンバランスが崩れてしまいます。
その結果、ナトリウムが過剰に存在するようになり、それが体を不調にしたり、病気にさせてしまったりする原因となります。
このような事態を避けるためには普段の食事の中で摂取するナトリウムの量を減らすことが大切だとゲルソン療法では考えられているのです。
そこでまずは塩を摂取することをやめるべきなのです。

基本的にゲルソン療法では無塩食をすることを推奨されています。
それは単に塩を食べないというだけではありません。
塩分が含まれているものは他にもたくさんあるからです。たとえば醤油やソース、味噌といった調味料の中にも塩分が含有しています。
これらも極力普段の食事の中から省くことを求められるのです。
かなり意識的にやらないとこれを実践することは難しくなるでしょう。
たとえば料理の味付けの際には無塩醤油を用い、ほかにはにんにくやレモン、ハーブ、酢といった調味料を利用すれば良いのです。
これらの効果によって簡単に味付けできるようになります。

動物性たんぱく質・油脂
また、ゲルソン療法では動物性蛋白質と油脂類も制限しなければいけません。
特に初期には肉類や魚介類、卵、乳製品などを抜いた食事を徹底することが求められます。これらを利用しないでも植物性のタンパク質を摂取できていれば必要な栄養をきちんと確保することができるのです。
食事制限をはじめてから数ヶ月経過したならば、白身の魚やかつおぶしなどは食べても良くなります。

ではどうして動物性蛋白質を食べてはいけないのでしょうか。
ゲルソン療法においては動物性蛋白質ががんの増殖を促す可能性があると説明しています。
基本的にゲルソン療法というのは海外ではがんを克服するために好まれている方法となっています。
そのため動物性蛋白質によってがん細胞が増殖してしまう可能性があるならば、それを食事から抜くことは当然のことなのです。
同様の理由で油脂類もできるだけ食事の中に含めないようにすることが求められます。

その他のNG食材
また、アルコールやカフェイン、さらにはたばこについては禁止されています。
これらは説明されなくても健康に悪い影響を与えることは多くの方が理解しているでしょう。
特にたばこはさまざまな病気の発症に大きく関わっていることは数々の研究によって実証されています。
アルコールやカフェインについても身体にかなりの刺激を与えるものであり、ゲルソン療法においては食べてはいけないものに指定されているのです。
また、精製された砂糖も摂取してはいけないとされています。
さらには人工的食品添加物もNGとなっています。
着色されたものや保存剤などは禁止されているのです。
市販されているものの多くにはこれらが大量に含まれています。
これらの健康への悪影響についてはいくつもの報告があるため、健康的な暮らしを実現させたいならば普段の食事にできるだけ含めないようにするべきでしょう。

上記のようにゲルソン療法においては食べてはいけない食材が細かく規定されています。
それらの多くは現代人が好んでいるものばかりであり、毎日大量に摂取しているものばかりでしょう。
現代人の中にさまざまな不健康を訴える人がいるのは、食べてはいけないものを大量に食べてしまっているからなのです。
これからゲルソン療法を実践したいと思っている方は、上記で説明してきた食材については普段の食事の中から完全になくすべきでしょう。
これを実行できないとゲルソン療法を成立させることが不可能になってしまうのです。
NGとされている食材は確認しておきましょう。

Leave a Comment