選び方としては使いやすいジューサーでゲルソン療法を行う。

jyosei
ゲルソン療法に向いているジューサーの選び方
ゲルソン療法はどんなジューサーが向いているのでしょうか。

ゲルソン療法に効果的なジューサーを選ぶ

栄養のバランスを取ることでがん療法にも役立つというゲルソン療法。効果を上げるためにはジューサーの選び方が重要です。
ゲルソン療法に向いているジューサーの選び方について見ていきましょう。

低速ジューサーと高速ジューサー

juicer
ジューサーの選び方としては低速ジューサーがおすすめです。
ゲルソン療法に適したジューサーの選び方として、一つは栄養素をしっかり摂れるジューサーであることです。
ゲルソン療法ではニンジンやレモンなどの野菜や果物の栄養素をバランス良く摂ること、特にカリウムのバランスを考えて摂取することが大事です。
そのためには、高速ジューサーではなく、低速ジューサーが必要です。

高速ジューサーの場合は熱が発生して、食材の栄養素を破壊します。
そこでおすすめなのが低速ジューサーです。
低速ジューサーであれば、栄養素を破壊せず、しっかりと体内に取り入れることができます。

栄養素をきちと摂れるスロージューサー

kuvings
スロージューサーにもいろいろな種類のジューサーがあります。
その中で栄養素をしっかりと摂れるスロージューサーを選ぶことが大事です。
そこでおすすめなのがクビンスのホールスロージューサーです。クビンスのホールスロージューサーは排出されるカスには水分がほとんどなく、また出るカスも少ないのです。
それだけ食材の栄養をしっかり摂れているということです。

手軽に使えるジューサー

ゲルソン療法で効果を上げるには、毎日継続してジュースを飲み続けることが必要です。
そのためには、一度に大量のジュースができ、手入れも簡単なジューサーであることが選び方の重要ポイントです。
掃除は面倒だとジュースづくりも面倒になってしまいます。
その点クビンスのホールスロージューサーであれば、掃除は1分ででき、少しの食材から大量のジュースができるので、便利です。
また、投入口が大きいため、食材をカットせずに入れることができるのも、毎日手軽にジュースを作れる理由です。

毎日新鮮でおいしいジュースづくりを

shutterstock_404545132
ゲルソン療法で栄養バランスをよくすることは、がんの予防や改善につながると言われています。
免疫力も高まるので、細胞が元気になってくれるのですね。そのためには、毎日新鮮なジュースを飲むことが大事です。
クビンスのホールスロージューサーはお手入れも楽で使いやすいジューサーです。これなら毎日簡単に栄養素の濃いジュース作りができるでしょう。