クビンスホールスロージューサー2019年新モデル『EVO−800』の7つの進化ポイント

jyosei
クビンスホールスロージューサー2019年新モデル『EVO−800』の7つの進化ポイント

2019年5月24日、クビンスから待望の新モデルスロージューサー『EVO−800』がリリースされました。

早速私も使ってみましたが、クビンスのスロージューサーを長年使っている経験から、私が感じていた旧モデル『JSG-721』の課題と、新モデル『EVO−800』を使ってみて気づいた進化ポイントについて、解説していきたいと思います!

 

クビンスの旧モデル、『JSG-721』で私が感じていた8つの課題

い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1、ジュースを絞った後の洗浄が面倒くさい

ストレスを感じます。

 

2、組み立てが大変、蓋が取れなくなる。

イライラしてくる!

 

3、葉物が投入しずらい!

青汁作るのに時間がかかるんです!

 

4、食材が途中でひかかって押し棒を使うので、時間を損している感じ。

 

5、ドラムの底のシリコンキャップを押し忘れちゃう〜!

だから、スッキリしたジュースが飲めない!

 

6、ドラムの底のアンダーカバーが外れない

しばらく使わないとカビが生えるんじゃないか?という不安があります。

 

7、スマートキャップのジュース漏れが気になる。

 

8、刃はないから安心だけど、子供の手が入らないようにならないのかしら?

 

「EVO-800」は、ここが進化している!

 

スロージューサーの中では抜群の使いやすさの『JSG-721』でも、上記のような細かな悩みがあったというのが実際のところでした。。

 

一方、新機種「EVO-800」を使ってみて、私としては以下の7点が大きく改善されていると感じています。

 

1.洗浄がとっても簡単に!

ドラムの底のシリコンキャップもなくなり、

絞りカスが出てくる排水口が大きくなりました。

 

これにより、ジュースを絞った後は、水洗いするだけでOK!

簡単で洗うストレスがなくなりました!

洗った後は、食器乾燥機が使えて便利!

(※但し、設定温度を20度〜40度で使う必要があります。食器洗浄器は使えません。)

 

2.ドラム底のアンダーカバーが外せることでさらに衛生的に!

 

毎日ジューサーをご使用なる方は、取り外す必要はありませんが、長く使わない期間があり、

久しぶりに使用する場合は、ドラムの底の汚れが気になります。。

EVO-800では、アンダーカバーの取り外し洗浄が可能になり、今まで以上に衛生的になりました。

 

3.投入口が広くなりさらに便利!

投入口が76mm→82mmと広くなりました。

大きなりんごやオレンジなど、カットの手間が省けて便利。投入してから引っかかりやつまり

もなく、さらに時間短縮できます。

 

4.野菜専用投入ホールにより、投入し安く!

投入口に野菜専用ホール44mmが付きました。

ほうれん草や小松菜など一株ごとにスッキリ投入できます。

野菜が途中で引っかかり、葉物をわざわざ丸めて投入する必要がなくなり、青汁も簡単に搾れるようになりました。

 

5.デュアルフラップゲートを採用!より安心安全に!

食材投入ごとに開閉するデュアルフラップゲートを採用。

これで、子供の手が入らないので安心です。

また、食材の入れすぎにより上蓋が割れることもなくなり、さらに安全になりました。

 

6.ドラムとの締結部位の耐久性を強化!さらに静かに!

ドラムとの締結部位のツメを3つ→4つに増えています。

耐久性が強化されて、ガタガタというぐらつきも

なくなり、さらに静かになりました。。。

 

7.スマートキャップのシリコンが強化!汚れない!

スマートキャップのシリコンが強化されたことにより、ジュースを注ぐ時に、ジュースの漏れがなくなりキッチンが汚れなくなりました。

 

 

 

まとめ:「EVO-800」の総評

 

『EVO−800』を使ってみて未だ2日目ですが、私の印象としては、旧モデルのいいところはそのままに、さらに使いやすさが増したという印象です!

 

今回は取り急ぎのレビューですが、これからもガンガン使ってみて、気づいた点などを情報発信していきたいと思います^ ^

 

 

Leave a Comment