スロージューサーおすすめ食材「バナナ」の栄養や効能とは?

jyosei
スロージューサーおすすめ食材「バナナ」の栄養や効能とは?

スロージューサーおすすめ食材「バナナ」の栄養や効能とは?

スロージューサーでジュースを作るなら、バナナを材料に取り入れることをおすすめします。バナナはご存知の通り味も甘味があって美味しいだけでなく、様々な栄養が豊富なのです。バナナはそのねっとりとした食感から、ジュースの材料としてはピンと来にくい方もおられるかもしれませんが、ここ数年、スムージーなどに取り入れられることが増えてきましたし、野菜などと混ぜたときに苦みなどをマスキングしてくれます。

バナナについて知り、スロージューサーを使ったジュースづくりにバナナも活用させてみてください。

バナナには様々な糖質が含まれる

バナナはブドウ糖や果糖など様々な糖質を含んでいます。エネルギー源となるブドウ糖や、血糖を上げにくくし太りにくい体質にする果糖など、糖質を摂取することは大切です。

バナナはダイエットする時に食べるのに向いていて、いろいろな種類の糖が吸収されるまでの時間は異なり、血糖値の上昇を緩やかにする効果があるので太ることを防ぎます。
食物繊維もたくさん含まれていて満腹感が続きます。しかもバナナの糖分にはたくさんのビタミンやミネラルが含まれています。お菓子を作る時などに砂糖の代わりとして使うこともでき、天然の甘さで体にもいいです。また、疲れている時や頭をすっきりさせたい時に食べると、脳が冴えたような感覚になることがあります。天然の糖分なのであまり胃に負担がかからず、ヘルシーでどこでも安く手に入るのでメリットが多い果物です。

バナナはビタミンB群が豊富

バナナは栄養素のうちでもビタミンB群を非常にたくさん含んでいます。ビタミンB1はむくみの予防や疲労回復に良いとされる栄養素で、バナナ100gには0.05mg含まれています。ビタミンB2は肌や粘膜を健康に保つ役割を担いますが、バナナ100gあたりには0.04mg含まれています。
また、血圧を下げ、貧血の予防に役立つビタミンB6は100gあたりに0.38mg含まれています。他にもビタミンCやビタミンEなども豊富に含み、バナナは総合栄養食品と言うこともできます。

バナナは、セロトニン生成に必要な成分をすべて含む

セロトニンは幸せホルモンと呼ばれる脳内ホルモンで、感情や睡眠などに深く関係する神経伝達物質です。ストレスが溜まっている時に温泉に入ったり体操をしたりすると癒されるのは、脳内でセロトニンが増えるからです。しかしストレスがあまりに多いと、セロトニンの分泌量が減ったり分泌が制限されたりします。セロトニンを増やすには材料となるトリプトファンを食べ物から摂取する必要があります。

バナナは、セロトニンやその材料となるトリプトファン、その生成を助けるビタミンB6、気持ちを穏やかにするマグネシウムも含まれています。
ストレスがたまっている時やリラックスしたい時にバナナを摂るとよいでしょう。心を安定させイライラを解消し、安眠効果もあります。

バナナを選ぶ時のポイント

バナナは栄養バランスがとれた健康的な果物です。ただ、国内で生産される地域が限定されているので、スーパーの店頭に並ぶバナナはほとんどが輸入品です。たいていのお店では3~5本を1セットにして、ビニール袋に入れられて販売されています。透明なビニール袋に入っているので、バナナの外観ははっきりと見ることができます。その外観を見て、美味しいバナナを選ぶことができるのです。

まず房の付け根がしっかりとしたものを選びましょう。茎の部分は太くて短い方が美味しいという傾向があります。バナナは大きくて丸みのあるものを選ぶことが大事です。角張ったものは避けるようにしてください。色は全体が均一に黄色になっている方が良く、茶色の斑点(シュガースポット)が表皮に表れ始めたバナナが食べごろといわれています。

ただシュガースポットが多すぎるバナナは美味しい時期を過ぎてしまっている可能性があります。また柔らかすぎるバナナや、表面に何かに当てた時についたような傷があるバナナは避けるようにしてください。

バナナの栄養はこんなにすごい!

shutterstock_404545132

バナナには、様々な栄養が含まれていることをご紹介してきました。具体的には、様々な種類の糖質、ビタミンB群、セロトニンなどのリラックスのために必要な物質などが含まれています。多くの栄養が1本に含まれているため、総合栄養食品といえるでしょう。

また、バナナ1本でお茶碗半分程度のカロリーを摂取できますので、おやつや、忙しくてなかなか食事を摂れないときのチャージにもおすすめです。

さらにバナナはそのまま食べるだけでなく、スロージューサーでジュースを作ったり、砂糖の代わりにケーキなどに使ってみたりしても良いでしょう。しっかりと甘味のある果物であるため、他の材料の苦みなどもマスキングしてくれるのでおすすめです。

Leave a Comment